松原工房について

松原工房は長崎県波佐見町にある日用食器の小さな工房です。
自分たちでデザインした食器を
昔ながらの波佐見焼と有田焼の技法で制作し
自社販売しています。


2005年9月 
松原工房命名 京都百万遍知恩寺手づくり市でデビュー
2006年〜2008年 
京都一乗寺けいぶん社、兵庫西宮ウーバレゴーデン、福岡ギャルリドアッシュ、
大阪堀江ちょうちょぼっこ、大阪豊中SORAJIなど各地で個展開催
2008年6月 
松原工房アトリエ(波佐見町金屋郷)開窯 アトリエショップとして営業開始
2010年8月
松原工房友の会発足
2013年3月 
松原工房波佐見ストア(波佐見町井石郷)開店 
2014年10月 
松原工房札幌ストア(大通・4丁目プラザ自由市場)開店
2015年7月 
陶磁器製造一級技能士取得
2015年10月 
松原工房札幌ストア閉店
2016年6月 
株式会社ヨナタントロッツ松原工房として法人化



松原工房のスタッフ

おくだようこ

松原工房代表
株式会社ヨナタントロッツ代表取締役
食器のデザイン・絵付け、企画運営担当


1974年 大阪府生まれ。

小さい頃はお絵描きと着せかえ人形の演出に熱中。
バンドの追っかけとアメリカ村通いを経て、
京都精華大学に入学、陶芸を学ぶ。
京都精華大学大学院にてひきつづき陶芸を学ぶ。
美大で大はしゃぎしすぎてあとで結構困る。
バックパックで海外にたくさんいく。
京都府の公立高校で工芸科講師として勤務のかたわら、
アートスペース虹(京都)やINAXギャラリー(新宿)などで
個展を開催。美術家として一瞬歩き出すがうまくいかず悩む。

2003年、一念発起して九州に移住。食器制作を志す。
佐賀県有田町の窯元、武雄市の窯元などで勤務。
佐賀県立有田窯業大学校ろくろ科にて
「現代の名工」奥川俊右衛門氏に師事。
佐賀県立有田工業高校ろくろ研修にて
日本工芸会所属 松尾勝也氏に師事。
有田焼後継者育成事業絵付け研修にて
有田焼絵付伝統工芸士 梅崎美代子氏に師事。
2005年おおたと出会い「松原工房」を結成したことで開花。

食器のデザイン、絵付けという手仕事と
中小企業の経営という両軸で毎日フル回転。


おおたゆうこ

松原工房工場長
陶磁器製造一級技能士
ロクロ成形、窯たき、製品管理担当


1977年 京都府生まれ。

小さい頃から手先が器用で自然が大好き。田舎でのびのび育つ。
お絵描きと虫いじりをしながら京都府立工業高校へ進む。
その後、大阪芸術大学短期大学部にて陶芸を学ぶ。都会に進出。
さらに京都精華大学に編入、陶芸を学ぶ。
せっせと映画館や舞台に通う。
卒業後、空前の就職難時代のため実家に出戻り、けむたがられる。

2001年、一念発起して九州に移住。
佐賀県立有田窯業大学校絵付け科にて
有田焼伝統工芸士 市川龍男、岩永千穂子 両氏に師事。
引き続き、佐賀県立有田窯業大学校ろくろ科にて
「現代の名工」奥川俊右衛門氏に師事。ろくろの才能を見いだされる。
卒業後、有田焼ろくろ体験施設のインストラクターとして勤務。
波佐見焼後継者育成事業ろくろ研修にて
長崎県無形文化財ろくろ技術保持者 故中村平三氏に師事。
その後、波佐見焼の窯元での勤務を経て、おくだとともに松原工房を創業。
2015年陶磁器製造一級技能士(手ろくろ)取得。波佐見町では女性初。

エレガントでスピーディーな職人仕事を追求し、
伝統工芸士取得をめざして奮闘中。


よく聞かれること

「松原工房の製品はどこで買えますか?」


以下の直営店で販売しています。

松原工房波佐見ストア   長崎県波佐見町東彼杵郡波佐見町井石郷2190

ーーーーーーーーーー

以下のお取り扱い店では一部製品を販売しています。

ブラウンブックスカフェ南3条店 札幌市中央区南3条西1丁目和田ビル 
ごはん茶碗、ブランシリーズ、札幌限定コーヒー豆柄シリーズなどのお取り扱い

ノット ア モッツ 札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ7階自由市場内
やきもののアクセサリーのお取り扱い

家具工房CLAP 福岡県糸島市志摩小金丸1870−1
カフェオレボウルなどのお取り扱い

藍土 佐賀県西松浦郡有田町幸平1−2−10
やきもののアクセサリーなどのお取り扱い

ーーーーーーーーーー

ネットストアは年4回(春夏秋冬各シーズン)、それぞれ数日ずつオープンいたします。
開店時期が近付きましたらこのホームページでお知らせしています。

北海道江別市「えべつやきもの市」(毎年7月上旬)には毎年出店しています。
長崎県波佐見町「波佐見陶器まつり」(毎年4/29〜5/5)は自社ストアで同時開催しています。

その他、各地の展示会やイベントに出店することもあります。



「ギフトラッピングはできますか?」


はい、おまかせ下さい。
無料のカジュアルラッピング、有料の箱入りラッピング。
メッセージカードなどもストアでご用意しております。
ストアから直接贈り先に発送することもできます。



「松原製品は波佐見焼なんですか?」


オリジナルデザインですので、
いわゆる伝統的な波佐見焼とは少し雰囲気が異なりますが、
波佐見焼に古くから伝わる製法で制作しています。



「特注、オーダーは出来ますか?」


現在、基本的に一般のお客さまからは特注やオーダーは受け付けておりません。
業者の方はお問い合わせ下さい。



「卸販売してますか?」


現在、新規の卸販売拡大は予定がありません。
詳しくはお問い合わせ下さい。



「引き出物は頼めますか?」


制作スケジュールがいつもいっぱいで
お受け出来ます!と断言出来ない状況がずっと続いています。
ですが時期、数量によってはお受け出来る事もあります。
ぜひ松原工房の器を!とご希望下さる方はご相談ください。
なお、引き出物受付は松原工房友の会の会員さんのみに限らせて頂いております。




「割れてしまいました。お直しは出来ますか?」


申し訳ありませんが、松原工房では修復作業はできません。

食器の制作作業と、修復作業は全く異なる領域の作業です。
実は、私たちにはできません。

モノを大事に扱い、リサイクルする事は素晴らしい事です。
一方でモノを生産し、消費していくことも食器産地にとっては大事な事なのです。
そして松原工房では長く使って頂きたい食器を継続生産していくことにも力を注いでいます。

ご理解いただけたらうれしいです。


製品の特徴

松原工房の製品はすべて「磁器」です。

水を弾くので汚れが付きにくく、頑丈なのが磁器のいいところです。
普段使いにどんどん使って下さい。


ご使用前やご使用後のお手入れはいりません。
お買い上げいただいた製品は洗うだけですぐ使えます。


電子レンジにも使えます。
ただし「上絵(うわえ)」という技法で絵付けされたものにはあまりおすすめしません。
上絵は長年の使用で剥げてくることがあります。
(ラーメン屋さんのどんぶりの店名をイメージしてください)
松原製品ではハッキリとした赤や黒が「上絵」にあたりますが、
わからない時はお問い合わせください。


オーブンには使用できません。
直火も使用できません。


食器洗浄機に入れることもできます。
薄手の製品は取り扱いにお気をつけ下さい。


茶渋などがついてきたら
市販の漂白剤をお使いください。


「マット白」や「ニースボーダー」など
つや消しの釉薬の製品は
金属でひっかくとキズが残ることがあります。
ナイフの使用やスチールたわしの使用は避け、
やわらかいスポンジでお手入れしてください。


割れた器を使い続けることは大変危険です。
特に磁器の場合欠けたところから
ある日突然まっぷたつに割れたりします。
割れた器は小物入れや植木鉢として
第二の人生を歩ませてあげて下さい。


つやつやした質感は磁器の魅力ですが
指紋や油汚れが目立つこともあります。
ときどき乾拭きするときれいです。


食品衛生法の改定により
鉛の入った絵の具の規制が厳しくなっています。
松原工房では絵の具はすべて無鉛のものを使用しています。


松原製品は同じ製品でもよく見ると少しずつ形や色がちがいます。
手づくりならではの個体差としてお楽しみ頂けたらと思います。


紹介されました

松原工房友の会

松原工房友の会は
松原工房を応援してくれる方たちのコミュニティです。
応援してくださる気持ちを
かたちにするために作られました。


友の会に入会すると

*はっきりいってえこひいきされます。
 陶器市やイベントのときには会員さんにだけ何かいいことがあったりします。
*郵便物やメールが届きます。(松原工房では友の会以外のお客さまには基本的に案内をいたしません)
*入会順に会員番号がつきます。
 お問い合わせやご来店の時は「○番の○○です」と言って下さったらうれしいです。

友の会とは


*一年を通していつでも入会できます。
*入会費、年会費などは一切無料です。
*メールと郵送の両方を使える方を対象にしています。
*メール受信拒否、住所不明が長く続く場合は自然退会とさせていただきます。
*松原工房に来られたことのない方や製品をお持ちでない方も歓迎いたします。
*海外在住の方も入会できますが、郵便による案内はありません。


プライバシー

入会時に必要な情報は
お名前/ご住所/電話番号/メールアドレス
の4項目です。
いただいた情報は、松原工房からのご案内以外に使用することはありません。

情報内容が変更になった場合はご連絡ください。
特にメールアドレスの変更はお忘れないようお願いします。


ご入会ご希望の方は以下のフォームからお申し込みください
まとめて事務作業を行っていますので、
返信までお時間かかること(3日〜1週間ほど)もありますが、
受信したメールには必ずお返事差し上げています。
いつまでたっても返事の無い場合は、
送信時のメールエラー、もしくはこちらからのメールが迷惑メールとして
ブロックされている事があります。(携帯メールに多いです)
そのときはお電話やメールでご連絡ください。

松原工房友の会 お申込みフォーム

*印はかならずご入力ください。
*OSによってはフォームが使えないことがあります。その場合はお手数ですが
「件名:友の会入会希望」で
お名前(ふりがな)/ご住所/電話番号/メールアドレスを
matubarakoubou@asahinet.jp までメールをお送り下さい。

お名前(漢字)*

お名前(ふりがな)*

郵便番号(半角、000-0000)*

ご住所(全角)*

電話番号(半角、000-1234-5678)*

友の会で使用するメールアドレス*

(迷惑メールフィルターをかけているとメールが届きません)

コピーをせずにもう一度メールアドレス*

どうやって松原工房をご存知に?*

その他メッセージがあればどうぞ!



アクセス

松原工房波佐見ストア

 
〒859-3711
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2190(map
tel / 0956-85-6116
無休(臨時休業日はHPでお知らせしています。遠方からお越しの方は電話でご確認下さい)
営業時間:10:30〜17:00(土日祝日)12:00〜15:00(平日)

西九州自動車道「波佐見有田IC」から車で7分

JR 佐世保線 有田駅よりタクシーで15分 
※有田駅からのバスはありません。4/29~5/5の陶器市期間のみ有田ー波佐見間に無料シャトルバス運行。

JR三河内駅よりバスで13分 西肥バス 嬉野行「西の原」下車すぐ。
嬉野バスセンターより20分 西肥バス 佐世保行「西の原」下車すぐ。
※電車やバスの本数が少ないので、よくお調べになってからお出かけください。

福岡空港、福岡市内からは高速バスがあります。 
運行会社 西鉄高速バス 西肥バス(福岡~佐世保線)
長崎市内からも高速バスがあります。 
西肥バス(佐世保~長崎線)
波佐見有田インター下車のちタクシー利用 約7分


松原工房アトリエ

 
〒859-3714
長崎県東彼杵郡波佐見町金屋郷1193-2
tel / 0956-85-2080

制作している工房です。
一般の方の見学はできません。
留守にしている事もありますので、ご用の方は事前にご連絡下さい。


松原工房 札幌事務所

 
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西7丁目5−304

北海道でのイベント出店時のの事務所です。
普段のご連絡は波佐見ストアまたはアトリエにお願いいたします。


株式会社 ヨナタントロッツ

 
〒859-3714
長崎県東彼杵郡波佐見町金屋郷1193-2
tel / 0956-85-2080

松原工房は2016年6月1日に
「株式会社ヨナタントロッツ」として法人化いたしました。
伴いまして郵送の際などに
「松原工房(株式会社ヨナタントロッツ)」として表記されます。

波佐見町について

波佐見町は長崎県のほぼ中央にある
全国でも指折りのやきものの町です。

400年の歴史を持ち、お隣の佐賀県有田町と共に
日本の陶磁器産業を支えてきました。

江戸時代に磁器の大量生産に成功し、
高級品だった磁器を庶民の手の届くものに変えました。
丈夫で素朴な「くらわんか碗」がその代表です。
出島が唯一開かれていた鎖国時代にも
たくさんの製品を海外に向けて作っていました。

現在も町内には約400の陶磁器に関する事業所があり、
全国の家庭用食器の約15%は波佐見で生産されています。

手軽で良質なくらしの食器を作り続けるという姿勢は
昔も今も変わることはないのですが、
制作を陰で支えることが多いことから
これまで産地の名前はあまり知られてきませんでした。
しかし近年、デザインの向上とともに
「波佐見焼」として若い世代を中心に全国的に有名になってきました。

特に2000年代に入ってから、
20代、30代のUターンや移住組が
まちづくりに加わり、従来の人といっしょに波佐見を盛り上げています。

また農業も盛んで、美しい風景がたくさん残っています。
古くからの町並みを残す陶郷「中尾山」、
日本の原風景のような「鬼木の棚田」、
昭和初期の製陶所を改装したカフェや雑貨店の集まる西の原地区など、
見どころも増えてきています。

週末には
食器や雑貨を探しにドライブで遊びにくる人がたくさん!
昔ながらのお祭りやイベントもたくさんあります。

いつでも波佐見町でおまちしています。

買えるところ

松原工房ストア

 
〒859-3711
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2190(map
(波佐見町中心部「焼き物公園」の近く、「中央小学校講堂」の真正面です)
tel / 0956-85-6116
年中無休(臨時休業はHPでお知らせ)
    (ものすごく急な臨時休業は留守電と貼り紙などでお知らせ)

営業時間:12:00〜15:00(平日)
     10:30〜17:00(土日祝日)

ストアの最新情報や入荷情報はストアブログからどうぞ

<アクセス>
西九州自動車道
波佐見有田ICから車で7分
JR 佐世保線 有田駅よりタクシーで15分 
※有田駅からのバスはありません。
JR三河内駅よりバスで13分 西肥バス 嬉野行「西の原」下車すぐ。
嬉野バスセンターより20分 西肥バス 佐世保行「西の原」下車すぐ。
※電車やバスの本数が少ないので、よくお調べになってからお出かけください。

福岡ー波佐見の高速バス
運行会社 西鉄高速バス 西肥バス(福岡~佐世保線)波佐見有田インター下車 インターからはタクシー利用、約7分
長崎市内ー波佐見の高速バス
西肥バス(佐世保~長崎線)
波佐見有田インター下車 インターからはタクシー利用、約7分

※GWの陶器市の時は有田ー波佐見間に無料シャトルバスが運行します。




松原工房札幌ストア・札幌4プラ店

 
は、2015年10月末日を持ちまして閉店いたしました。
ありがとうございました。


〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ7F 自由市場
tel / 011-261-0181
年中無休
営業時間:10:00〜20:30

札幌駅から徒歩10分
地下鉄「大通」駅直結 



松原工房ネットストア


遠方の方や、波佐見まで来られない方のために
期間限定でネットストアをオープンしています。

春夏秋冬、それぞれ5日間のオープンです。
オープン日時はこのHPやブログで発表されます。
「松原工房友の会」に入会されますとお知らせがメールで届きます。

ネットストアはこちら



取り扱いショップ


家具工房CLAP(福岡・糸島)
CLAPの家具に似合う松原食器が販売されています。
品揃えはお尋ね下さい。

藍土(佐賀・有田)
小物のお取り扱いがあります。
もう作っていないレアアイテムもあるかも。

ブラウンブックスカフェ(札幌)
ブラウンブックスカフェセレクトの松原食器が販売されています。
札幌限定コーヒー豆シリーズのお取り扱いもあります。
北海道旅行の際はぜひ!





お問い合わせ

お名前*

メールアドレス*

題名

メッセージ




*印はかならずご入力ください。
しばらく待っても返信のない場合は
こちらからのメールが
ブロックされていたり、
エラーの可能性があります。
お手数ですが再度ご連絡してください。

↓フォームから送信出来ない方はこちら
matubarakoubou@asahinet.jp